ヒアルロン酸・スーパーヒアルロン酸

魚

大阪の美容クリニックで使用されているヒアルロン酸というのは、1gでなんと6リットルもの水分を保つ優れた保水力を持つ成分です。体の中では潤滑油として関節のスムーズな動きをサポートし、また、肌や目、髪の毛などの潤いを保つ役割を担っているので大阪などのクリニックでの美容メニューで人気があります。美容に良いヒアルロン酸をとる事で、関節の動きを滑らかにし、ドライアイの予防や改善、肌の乾燥予防や改善につながります。

最近では大阪のクリニックをはじめ、美容、美肌、美髪の素としても注目を集めています。美容のためのヒアルロン酸は、実は人間の体のいたるところにもともとあって、体の中の潤いを保つ役割を果たしているのです。目や皮膚、関節はもちろん脳や動脈にも存在しています。ただ、残念な事に美容に必要なヒアルロン酸は、年齢とともに減少する性質があります。体内のヒアルロン酸の量は、20歳を境にどんどんと減少し続け、60歳代になると体内のヒアルロン酸の量は、20歳代の半分以下にまで減少してしまうのです。

では、年齢と共に減少したヒアルロン酸をクリニックに行かずに美容と健康のために摂取するにはどのような方法があるのでしょうか。

体内にヒアルロン酸があるのは人間だけではなく、様々な動物の体内にヒアルロン酸があるそうです。特に鶏のトサカにはヒアルロン酸が豊富に含まれていて、美容に効果が高い事がよく知られています。その他にも鳥の皮・手羽・軟骨、豚足、豚耳、魚の目玉などにもヒアルロン酸が含まれていて、美容に効果があることで有名です。美容に効果が高いのに、不足して行くヒアルロン酸をこういったものから、摂取したいのですが、食べ物としてヒアルロン酸を摂取するのは難しいと言われています。それは、ヒアルロン酸の性質に原因があります。もちろん、健康と美容のためとはいえ、上にあげたものを毎日食べ続けるのが難しいという事もありますが、ヒアルロン酸は熱に弱い成分であり、40℃までで調理しないと美容に良いヒアルロン酸の成分が破壊されてしまうからです。

また、ヒアルロン酸がいくら美容に有効でも分子が大きいためにそのままでは体に吸収されにくいという特徴も持っています。分子の小さいスーパーヒアルロン酸というものがあるのですが、このサイトでは、そういった摂取方法や美容に役立つ内容をご紹介しながら、ヒアルロン酸の役割について考えてみたいと思います。